無料でプレスリリースを配信・掲載できるウェブサイト

非営利団体であってもプレスリリースを無料で配信・掲載できるウェブサイトをまとめました。ぜひ広報活動に活用してみてください。

Value Press(バリュープレス)

基本は有料サービスですが、「フリー」コースがあります。フリーコースは機能が制限されていますが、プレスリリースの書き方やひな形なども用意されていて、プレスリリース初心者にも参考になるサイトになっています。

valuepress

DIRECT PRESS(ダイレクトプレス)

作成したプレスリリースをウェブサイト上に掲載する営業支援・広報支援型プレスリリース配信サービスです。こちらにも「公共機関/NPO」というカテゴリーがあります。

directpress

HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

プレスリリースを無料登録できるウェブサイトです。NPO・非営利団体という業種カテゴリーはありませんが、セミナー・イベント、コミュニティなどのカテゴリーがあります。

harmonypress

プレスリリース ゼロ

無料で企業の新商品やサービスをPRできるプレスリリース配信サービスです。主要メディア20媒体に向けてプレスリリースを配信してくれます。

presszero

ぷれりり

住所や電話番号などの個人情報を入力しなくても使える無料プレスリリース配信サイトです。「非営利団体」というカテゴリーがあります。都道府県でも投稿を検索できるようになっているのですが、大都市圏しかありません。

スポーツ・健康産業通信

スポーツと健康産業という分野指定にはなりますが、無料でニュースリリースが掲載できるサイトです。スポーツ・健康産業に関する内容であれば、イベント(セミナー)やコラムの掲載もできるようになっています。

PRdesse(PRでっせ)

大阪・関西という地域に特化したプレスリリース配信サービスです。サイト掲載だけであれば無料です。FAX配信やメール配信は有料プランになります。

以下のサイトは有料や休眠状態ですが、参考までにご紹介だけしておきます。

PUBLI(パブリ)

月額980円で何回でもプレスリリースが配信可能です。非営利団体でも利用できる価格設定です。配信のみでサイト掲載はないようです。

無料ニュースリリース・プレスリリース配信サービス

その名の通りのサイトです。個人利用もOKで、個人ブログやウェブサイトの宣伝などでも利用することができます。2016年8月以降、新しい記事がありません。muryoprnr

まとめ

これらのサイトは「取材獲得」という目的よりも、確実に自団体へのリンクを貼り「SEO」目的で活用するのがいいようです。プレスリリースはコンパクトに情報がまとまった優れた資料になるので、ウェブサイトに掲載するとSEOにも効果的です。ここで紹介したウェブサイトなどを活用しながらメディアを横断した有機的な取り組みを目指すのがいいと思います。

非常時/緊急時におけるNPOの広報

2020.04.21

広報業務計画の策定のすすめ

2020.02.12

広報担当者になったらやるべき、たった3つのこと

2019.11.29

ファンドレイジング3つの類型

2019.09.26

広報の素材を考える

2019.06.06

非営利団体向け広報基礎力チェックリスト

2018.10.31